2007.04.24

ものづくりは気持ちのカタチ_その2

今日は書きたいことが幾つかあるけど、まずは前に書いた“ものづくりは気持ちのカタチ”のこと。

先週日曜日の友人宅でのお酒を飲む会が、持ち寄りだったので私も二品ほど作っていってみた。
“自分の食べたいもの”を。
だって、自分が食べたくなければ、他の人にとっても美味しいものにならない気がするんです(笑)。

基本的に日本酒のお伴の予定だったので、作ったのは、イワシの梅干し煮と、青豆ごはんのおにぎり。
イワシの梅干し煮は実家にいたときからの好物。(母のはショウガ入り)圧力鍋で炊いて、骨ごと食べれるように。
青豆ごはんは、最近食べたかったので。
塩と酒で、お米と炊きました。おにぎりの中身は、お豆とぶつかんない程度、と思って、昆布とシャケの2種。
あと、青菜のゆでて花かつおをかけたもの。お醤油かけて、とその場でいうのを忘れてしまった(笑)
私のは、こんな感じ。

この日は、他の友人の持ち寄りと、その場で料理してもらったもので、テーブルがいっぱいになって、だいたいで決めた宴なのに豪華になった。別に集まりのテーマは何もなかったけど、美味しい料理と、肩のこらないお喋りで、リラックスした休日の夜となりました。ちなみに、先の記事にかいた、モノをちゃっちゃとつくる友人は蒸しパンをつくってきてました!
…いいなあ、蒸しパンをさっさと作れるなんて…。

今日になって、一緒にいった友人から、
「鰯の梅煮もおにぎりも美味しかったです。また作ってください!」
とメールをもらった。
ものをつくって喜んでもらえるのは、素直に嬉しい。ご飯でも何でも。
なんだか、自分のちょっとした気持ちが伝わったようで。

「また、作ってください!」っていい言葉だなあ。




+
昨日京都御所を通ったら、サクラが今まさに満開のエリアがあったのでびっくりしました。
南西の八重サクラのエリア。(写真のサクラは美山町です)
Miyama_sakura03

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.29

美味しいものは美味しそうに

Templa05_1
先月行った天婦羅屋のかき揚げ丼。美味しそうに撮れてます?(笑)


先週訪問した先で京料理の弁当を頂いた。
美しい盛りつけに、「カメラに撮ろ!」と興奮したのだけど、なんというか、やはり料理を撮るのは難しい、とファインダーをのぞいた瞬間ゲンナリ。目の前にあるものは、美味しそうなのに、ファインダーから見える画像は、いたって平凡。カメラの電池がきれてたこともあって、その時はカメラのおさめなかった。

照明テクニックの本で、洋食、中華、日本料理、どれも(一般的に)適している照明が違うというのを読んだことがある。それはどんな材料をつかっているかで、美味しそうに見える照明が異なるというものだった。

少しうろ覚えであるが、そこで説明されていたものは、

日本料理は、繊細な素材の色(たとえば刺身とか)が忠実に見えて、細かいディテールまでつぶさず表現できる白色の間接照明、
洋食は、ハイライトと影がしっかりついて、立体感を表現できドラマチックにみえるような(肉料理とか)白熱灯のスポットライト、
中華料理は、たっぷり使われた油の光沢がキラキラと美しく見えるような、シャンデリアのような照明、

というもの(だったと思う)。たぶん、これはごくごく一般的な考え方で、お店のコンセプトによっては必ずしもこういう方法をとって無いとおもいますが。

この日は天気が悪くて和素材の色が青みがかってたので、ファインダー越しのお弁当が余計美味しそうに見えなかったのかも?
画像は味まで写せない。美味しく撮るってムズカシイです。


Templa01_1
トップの画像と同じく先月訪れた東山の天婦羅屋のランチメニュー。
こちらは天茶。揚げたて天ぷらに熱いお茶を注いでもらいます。
天茶と天丼(かき揚げ丼)では、天ぷらの素材が違いました。天茶の方はサーモンとか入っていました。
私が食べた天丼の方では、エビはもちろんのこと、トウモロコシの天ぷらが入って新鮮でした。天丼のタレは甘辛くておそらく唐辛子がつけてある醤油を使ってあったのでは、と思いました。甘辛い中にも少しぴりっとした感じあり。これがトウモロコシやカボチャの甘さとあうんだなー。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.22

ファインダーから必死に探してる

最近友達と嬉しいシンクロ。

友達は

“私がわざわざ何か作る必要があるのか?”
という疑問から
“作ればいいじゃん!”

になったとのこと。

私は

“花とか、風景とか、こう一般的に美しいものって、改めて私が写真を撮る意味があるんだろうか?”
から
“そんな深く考えないで、キレイと思ったものはとりあえず、どん欲の撮ってみたらいい”

と、ふっきれた。

私がそう思ったのは、ファインダーをのぞいている時って、めちゃくちゃ必死に神経を研ぎすましている自分がいるということに近頃気づいたから。
自分にとって、「面白いもの・美しいもの」に対して、必死になれる瞬間なんだなと。
カメラは私にとってそういう道具のようです。


ちなみにこういうものでも、必死に撮ります(笑)。
最近賞味した鯛の塩竈焼き。すごく美味しかった…。
Shiogama01
Shiogama02
Shiogama03
Shiogama04
Shiogama05jpg


2006.08.24

ミリネの韓国家庭料理を楽しむ会

同じチャレンジオフィス内で営業しているミリネハングル学院(ハングル講座・韓国語通訳)のイベントで「韓国家庭料理を楽しむ会」が9月23日 10:00〜12:00、京都テルサ内で開かれます。
料金はミリネ会員¥2,500、一般の方は¥2,800。
メニューはまだ決定していませんが、近々ミリネのブログにアップされます。↓
http://mirine.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_7333.html

家庭でも手軽にできる韓国家庭料理を皆でつくり食事を楽しむ会で、ハングル講座の受講の生徒さんの前々からの要望がついに実現とのこと。正直なところハングルを学ぶ気が無い私も、料理なら!と、参加を考えています。
韓国文化を料理から知りたい人はぜひぜひ参加を!
もちろん、単に食いしん坊の方もOKです(笑)。


2006.08.02

豊かに暮らすってどういうこと?…ご近所・川床・浴衣

昨日は友人の誕生日、夜に松原あたりの川床でおばんざいのお食事。

友人の家でゆかたに着替えて(正確には一人で着れないので着させてもらって)、タクシーで川床の店へ。
川床にいくのは、京都に長く暮らしながら実は初めて。平日だから、お店も空いてるし鴨川の川岸にも人がおらず、のんびりとした雰囲気。風も気持ちよかった。お酒も美味しかった。

川床で食事というのは、それ自体も気持ちのよいものだのだけど、仕事の後に友達の家にあつまって、ゆかた着て、お酒とおしゃべりを楽しんで、みんな仕事場も家も市内でご近所、夜も慌てず帰れるという、このこと自体がいいなあと実感。
京都は決して大きくない街、だけどこの大きさ・距離感覚で暮らせるところがこの街の素敵なとこだと感じている。
それが京都人が京都を好きな理由の一つだろうとも思っている。

それにしても、本当に何年振りかに浴衣を着たのだけど、上手な人に着せてもらうと、かなり動けるし、気持ちもシャリっとして、すごくいい。浴衣くらいは、ちゃんと着れるようになりたいなあ。
着物も好きだから、着付けも習ってみたい…。

Kawadoko02
ひととおり食事を楽しんで、あたりを見回したら、もう客は私たちだけでした…(笑)。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.31

ピュアな気持ちにしてくれる人たち

月曜日に久しぶりに年若い友人2人に会った。
2人とも私が前仕事をしていた設計事務所にアルバイトに来ていた子で、2人はカップル。

「自分が一生かけてやりたいことは何なのか?」
「自分のデザインスキルで、少しでもいいから社会に何か貢献できるかな?」
これに、本当にピュアな気持ちで、取り組んでいるというか、試行錯誤している。若さに任せて動きまわっている2人。
彼等の面白いとこは、いわゆる社会では「当然」と思ってることも、「これはオカシイ」と思ったら「自分達だったらこうしたい」と考えるところ。(2人はいつもこんな話をしているよう。)
この2人に会うたびに、そのピュアな空気に晒されて、私はついに起業を志すことになってしまった(笑)。

昨日もそんな2人のすがすがしい空気を吸って、私も元気になったのでした。
この気持ちを忘れちゃいけない、と会うたび思い、またこんな気持ちにしてくれる2人に感謝しています。


オマケの話題。
その2人との昨日ランチは、大阪の行列ができるベーカリー、ブランジェリー・タケウチのパン。(2人は大のパン好き。)そうそうは来れないので、ここぞとばかりトレー山盛りにパンを買って、店の前のウツボ公園で食べました。
昨日は天気も良く、パンも美味しく、いいランチでした♪
いろんな種類を3人で食べたけど、私が気に入ったのは、天然酵母オリーブのパン(大粒オリーブが入った三日月型のパン)と、小タマネギがまるごと入っていた丸形パン。あと、バトン(黒こしょうと生ベーコンが練り込まれていた、スティック状の天然酵母のパン)。
しっかり味のおいしいお惣菜(中身)と、ぱりぱりの皮の組み合わせを楽しみましたー。
とにかく種類がいっぱいあって、びっくり。
でも今度はハード系のお惣菜の入ってないパンを試したいなあ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

生パスタ3種!

先週の金曜日、妹と二人で試験お疲れさま会をした。
場所は、前に生パスタをとっても美味しく頂いた円町のイタリア料理店。先日食べたときは、チーズクリームで和えられた生パスタがとっても美味しくて、もう一皿追加で頼もうと思ったら、ラストオーダーに間に合わず注文できなかったことが、とっても心残りだった。
昨日は妹のお疲れさま会であったけど、私にとっては生パスタ・リベンジでもあったのだ。

時間切れにならないように、生パスタは何時までに頼めばよいか、あらかじめ確認しておき(笑)、まずはブロードという細い麺をコンソメに泳がせて粉チーズを掛けたもの、次に前回食べたチーズクリームのパスタ、それから、もう思い残さないように、みたいな感じでトマトと黒オリーブのパスタ、と頼んだ。
同じ生パスタでも、ブロードは幅3ミリほど、チーズクリーム用は1cmから1.2cmほど、最後のトマトソースは8ミリほどでした。

ここで、面白かったのは、カウンターのむこうで調理しているシェフが、私たちの生パスタ3皿注文を受けて、最後のパスタの麺の幅をその場で変えてくれたこと。まな板の上に平たくのばしたパスタ生地を広げ、包丁でトントンと切っていました。

それで食べたあとに、「どの幅がお好みでしたか?」と尋ねてくれました。
おそらくソースによって、パスタの形状も“合う・合わない”はあるのだろうけど、こんな即興のサービスはお客さんの心をとってもくすぐりますよね。
こんなサービス見習いたい!
私だったら、どんなサービスが出来るかな…(でも、思いつかない)。

それにしてもこのサービス、客席はカウンター7席のみ、という店構えでこそ出来ることかも…。

| コメント (0) | トラックバック (0)