« 写真から見える“まなざし” | トップページ | ジャック・マイヨールの息の長さ »

2007.01.13

見えてるもの

昨日の写真の話のつづき。

同じ街をとっていても異なる雰囲気に撮っているということは、見えてる世界が既に違うのかもしれない。これは旅行で行ったメキシコという特別な体験に限らず、何気ない普段の生活でも言えるのだと思う。
同じ風景をみているようで、人によって見えてる世界が全然違うこともあり得るのではないかな。

ということは、同じ空間の中にいながら全然違う世界を生きてることもあり得るのであって、これって面白い。

Mexico011
parammmの撮ったメキシコ、オアハカの市場で


« 写真から見える“まなざし” | トップページ | ジャック・マイヨールの息の長さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59311/4908527

この記事へのトラックバック一覧です: 見えてるもの:

« 写真から見える“まなざし” | トップページ | ジャック・マイヨールの息の長さ »