« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.19

濃い濃いメキシコ・ツナガリ

先週の土曜日は「アンテナをはっていると、ラッキーな出会いが本当転がってくる!」とびっくりした1日。

ある用事で上京する前日に、前からネット上で情報交換していたOaxaca(メキシコの都市)通の女性にアポをとったら、快く都合をつけてくれた上、他のメキシコ通二人の友人に引き合わせて頂くことになった。
そのうち、お一人はOaxaca移住にむけて今週メキシコに旅立つ女性。なんというタイミング!

初対面の人ばかりだったので、かなりどきどきしたながらの訪問だったのだけど、会ってお喋りをはじめてびっくり。メキシコに対する思いが、自分に近いひとばかり(皆私よりメキシコに詳しい)、それになんというか、自然に前向きに人生している人たちで、ここちよい勇気をいっぱい貰いました。
みんな「ものづくり」に関係していて、自分で仕事をしている人達だったので、どんな風に仕事をしているのか、どんな悩みがあるのか、なども話せて、自分にとってプラスになったなあ。
すごく強くて気持ちのよいおしゃべりだった。

皆の今後も楽しみ!
私の仕事的には、メキシコの織物等を扱う方の今後が楽しみ!
私個人の趣味としては、メキシコのシルバーアクセサリー等を扱う方の今後が楽しみ!
次の上京時には、横浜でオーダーの靴作りをしている方の工房を訪ねるのが楽しみ!

Celuca_de_oaxaca00
Oaxaca(オアハカ)近郊の売店にて。民族衣装をきた女性が手仕事をしていました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

これでやっと焦る?…新聞に記事載りました

今日付けの京都新聞に、parammmが入居する京都府チャレンジオフィスの1周年記念セミナーの記事が掲載されました。
明日から各種セミナーがほぼ隔週末に開催されます。
私のセミナーはまだ1か月以上先なので、まだなんだかのんびりしている状態。
でも、よく考えてみると1か月なんて、実はすぐ 。
ちょっと、あせらないと、いけないですね…。

新聞記事はコチラ↓
Kyotoshinbun060616



























各種セミナーに興味のある方はコチラのチラシ画像を御覧ください。
セミナーの内容と、スケジュールが掲載されています。


Seminar01



























| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.11

豊かに暮らすってどういうこと?@しょうくんの海

豊かに暮らすっていうのは、一体どういうことなんだろう。
カタチのあるモノ、無いモノ、時間・空間にとらわれずに何でも揚げていこう、その3。


「しょうくんの海を見せほしいなあ。」
とリクエストして、連れっていってもらった浜。
少年の家から波打ち際までたぶん40mくらい。
沖縄のある離島の美しい海です。
こういう環境で日々暮らして、育つって…!!!

Sea01s
少年の家の裏の林をぬけると…

Sea04
すぐに海。

Sea03
美しいサンゴの浜です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

豊かに暮らすってどういうこと?…自分の庭のハーブ

豊かに暮らすっていうのは、一体どういうことなんだろう。
カタチのあるモノ、無いモノ、時間・空間にとらわれずに何でも揚げていこう、その2


前に住んでいた借家は、小さいながらも庭付きだった。
そこで、初めてガーデニングに挑戦。どうせ育てるなら食べられるものがいいと、ハーブをいろいろ植えてみた。
バジル、コリアンダー、チャーピル、レモンバーム、ラベンダー、カモミール、フェンネル、唐辛子、ペバーミント、レモングラス等々。
そしてハーブが育つと、至福の時がやってくる。
夕飯時に「ちょっとハーブが欲しいな。」って感じで、庭に出てコリアンダーなんかを摘むことができる!
こんな摘みたてハーブをすぐに食卓で食べることができるって、すごく贅沢な気分だった。
バジルの時期が終わるころに、バジルを株ごと採って、自家製ジェノベーゼ・ソースをたっぷり作った時も、とっても豊かな気持ちになったなあ。
小さなことだけど、かなりの豊かさを与えてくれる自家製ハーブ、でした。

Yoshida
写真はかつて京都の吉田に住んでいた友達のキッチンにて。このあたりは時々野菜売りの行商が来るとのこと。
賀茂ナス、トマト、キュウリとも、とっても美味しそう。
こんなふうに野菜(一応、京野菜?)を家の前で買えるのも、“豊か”かな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.09

豊かに暮らすってどういうこと?@京都御所

豊かに暮らすっていうのは、一体どういうことなんだろう。
カタチのあるモノ、無いモノ、時間・空間にとらわれずに何でも揚げていこう。

例えば昨日は、用事があって、河原町今出川あたりに出掛けた。
用事を済ませたあとは、地下鉄に乗ってオフィスに戻るために、御所を北東端から南西の門まで、つっきって烏丸丸太町の駅に向かう。
その場合の私のルール。
「歩行用の砂利道や小道はなるべく歩かない。」
「樹や草が茂っているエリアを選んで歩き、なるべく大きな樹の下を通っていく。」
そうすると、こんな風景を見ながら歩くことになる。

Gosyo060607_0
Gosyo060607_1
Gosyo060607_3
Gosyo_1s
Gosyo060608_2
Gosyo060608_3s
Gosyo060608_4

この体験が特別なことではなく、普段の出来事とできたら、それはとっても豊かな生活だと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »